さて、今回ご紹介するのはPLA、ABS樹脂以外の素材でできたサンプルです。
入手したのは

1.NinjyaFlex
2.ナイロン618
3.ナイロン645

といわれるものです。

NinjyaFlex

フェナー・ドライブ社が開発したニンジャフレックスは非常にユニークなフィラメントです。素材そのものが柔らかいので、ボーデンタイプ・エクストルーダーを使用したウルチメーカーや3DVISON-XTで使用できるのか心配でしたが、結果的には問題なく使用できました。ただ粘り気があるので、出力速度は30mm/sec以下にした方がよい結果が得られます。試すだけであれば、1本丸ごと買わなくても切り売りでどうぞ。
ウルチメーカーでもベッドにマスキングテープを貼れば出力出来ます。

3DVISON-XTで出力

温度は235℃〜245℃ぐらまで上げる必要ああります。ガラステーブルであれば温度は45-50℃位でも問題なさそうでした。完成したタコは文字通りグニャグニャですが、ちゃんと元の形に戻ります。

 
 Nylon618、645

こちらはTaulman3D社のナイロンフィラメントです。
ナイロン618ナイロン645の違いはナイロン618がやや柔らかく乳白色なのですが、ナイロン618は強度的には ナイロン645に比べて強度はやや劣りますが、その分弾性、柔軟性に優れます。
ナイロン645はナイロン618と比較すると約1.3倍程度強度に優れますが、柔軟性や弾性はその分、やや618に劣ります。高強度のナイロンを必要とする3D成形品を出力造形するのに最適です。そのまま成形後すると半透明になります。ナイロンは染料で染めることが可能です。
ナイロンは強度がありながらも適度な弾性もあり軽量なので、いろんなものが作れます。


ナイロン645を出力中。


ナイロン618を出力中