SOLIDYARDブログ

3Dプリンタやお手軽な無料3D-CAD関連のブログです。

カテゴリ: 住宅/建設関連

米国の南カルフォルニア大学の産業システム工学のベロフ・コシネビス教授(Dr.Behrokh Khoshnevis)が開発・提唱しているコウター・クラフティング(直訳すると等高線を巧みに作る技術)つまりコンクリートで層をなした構造物の製作技術です。

この技術は今後の建築物の構造/構成要素また建設そのものを自動化する大きな潜在能力があるようです。
仕組みは簡単で、XYZ軸に自由に動ける押し出し機が特殊コンクリートをニュルニュルと押し出して建設する仕組みのようです。でも素材によってはシェルターとか、丈夫な構造物も出来るようですし、今まで熟練工にしかできなかった自由曲面なんかも実現できるので、建築デザイナーにとっても新しい表現の可能性がありますね。
ドームのような建物も足場を組んだりすることが不要なのだとか。

また、この技術は将来の宇宙基地の建設などにも応用できるそうで、NASAなどの宇宙開発機関からも注目されているようです。

この技術の凄いところは、きわめて短い時間で住宅が建設できることだそうです。
ベロフ教授によれば、一般的な個人の住宅なら20時間を実現できそうだとのことです。また破壊強度も一般のコンクリート壁の3倍位に高める事ができるそうです。興味がある方は是非上のビデオをご覧ください。


例えば、地震や台風などで自然災害で被災した方の仮設住宅や、救難センターなどを早期に建設したりすることも出来るので大いに注目されているようです。今までの住宅の建設には配管、電気配線など複雑になりがちだったものもコンパクトにできるのも特長だそうです。一方、この技術が急激に普及すると、建設業で職場を失う人が急増するのではと懸念もあるみたいです。


ある方に頼まれて、マンションの間取りを3Dプリンタで模型化出来ないか
との相談を受けました。

その方によれば、図や写真より、実際にどうなっているのか模型の方が分
かりやすいんじゃないかと・・・。

正解ですね(^^;間取りなんかはそんなに難しくありません。特にマンション
ならなおさらですね。
これはSketchupとうソフトウェアで持ち込まれたものです。

madori

左が参考になった間取りをJPEGデータにして取り込んだもので、右がそれを元に
3D化して立体化したもののようです。

ただ、最初の段階では壁はあったのですが、なぜか床がありませんでした。(^^;
たぶん、急いでいたので忘れてしまったのでしょうね。

床が無くても出力はできるのですが、バラバラになってしまうので、床を簡単に
作成して出力しました。

その結果が下の写真です。(急いでいたので0.2mmピッチで作成しました。)
3Dプリンタでの実際の出力時間は約3時間30分ほどかかりました。
IMG_1852_02

壁だけだと呆気ないので、トイレと洗面台を一緒に出力しました。
 IMG_1853

トイレっぽくみえるかな?
こんな感じで3Dプリンタを使用すれば、営業ツールとしても使用出来るんでは
ないでしょうか?

鉄道模型のマニアの方なら、ジオラマとかの家の模型にも使用出来ますね。

3Dデータで一つデータを作成しておくと、拡大率を変えて出力することが
簡単に出来ます。つまり、HOゲージ(1/87)からNゲージ(1/150)まで
一つのデータで3Dプリンタ出力時にプリンタ制御ソフトウェアから拡大率を
入れるだけでHOでもNゲージ用の両方のものが出力出来ます。

 

↑このページのトップヘ